不動産を売買するとき

不動産の名義変更をする上で、一番身近に起こり得ることが不動産を購入・売却することによる名義変更ではないでしょうか。

不動産名義変更をするとき

不動産を売買するとき

不動産の名義変更をする上で、一番身近に起こり得ることが不動産を購入・売却することによる名義変更ではないでしょうか。

一生のうちに何度もあることではないかもしれませんが、不動産の名義変更は新築の不動産を売買契約するときも、中古の不動産を売買契約する時にも必要になります。

また売買による不動産の名義変更の場合、買主に名義を変更する「所有権移転登記」の他に、ローンを組むために家や土地を担保にする「抵当権設定登記」や 、建物が新築の場合には「所有権保存登記」などの各種登記を行う必要が出てくるのです。

一般的には、買主はこの手続き全般を不動産業者に任せ、不動産業者から指定の司法書士が登記申請を行ったり、決済に同行する場合が多いでしょう。

その際には印紙代や登録免許税、不動産取得税、固定資産税、その他に司法書士への報酬などがかかり、不動産購入時の諸費用に含まれてきます。

不動産の購入価格が高額であるため、この諸費用の金額についてはあまり気にされないことが多いのですが、この費用だけを考えてしまうと、相当な金額であるかもしれません。

そして、このときの司法書士に関しては、不動産業者指定の司法書士でなくても、個人的に探して信頼のおける第三者の司法書士に依頼することも可能です。


Copyright (C) www.nymcma.org. All Rights Reserved.

不動産名義変更をするとき