不動産を財産分与するとき

不動産を財産分与するにあたって、一番よくあるケースは離婚によるものです。もし夫婦の財産の中に夫名義の不動産があって、それを妻の財産として財産分与した場合は、不動産の名義変更が必要になってきます。

不動産名義変更をするとき

不動産を財産分与するとき

不動産を財産分与するにあたって、やはり一番よくあるケースは離婚によるものでしょう。

婚姻中に二人で築き上げた財産を分割するという考えから、たとえ妻が専業主婦であって直接的な収入がなかったとしても、家事労働によって財産形成をしたとして財産を分割する必要があります。

もし夫婦の財産の中に夫名義の不動産があって、それを妻の財産として財産分与した場合は、不動産の名義変更が必要になってきます。

この財産分与による名義変更では、法務局に登記申請をする際に、登録免許税として不動産評価額の2%のがかかります。

その他に固定資産税や不動産取得税、譲渡所得税もかかる場合がありますので、税金や費用面を事前によく調べておくのが良いでしょう。

また住宅ローンが残っている場合は、多くの場合は金融機関の了承が必要となるので、容易に名義変更することが出来ないので注意が必要です。

また少し特殊な例となりますが、財産分与の金額が多すぎる場合は贈与税がかかる可能性があり、短い婚姻期間での多額の財産分与に対しても贈与とみなされてしまう場合があることも忘れないでください。

もし財産分与をするにあたって税金面で心配なことがある場合は、税務署での相談も可能です。


Copyright (C) www.nymcma.org. All Rights Reserved.

不動産名義変更をするとき